三好医院のご紹介

 理念

的確な診断・治療と誠実な対応

 院長よりご挨拶

 久留米大学病院で13年間消化器及び心臓外科の診療・研究に従事し、研鑽してきました。

この経験をもとに、地域医療に貢献すべく開業しました。

 消化器では、胃・大腸の早期ガンの発見、肝・胆・膵疾患・肛門(痔など)疾患の治療を循環器(血圧・不整脈など)の治療を行っています。

 17年間の実地開業を通じて、老人医療・介護と一貫したケアの必要性を痛感し、老人デイケア・居宅介護事業を初め、平成19年1月にはグループホームも開設いたしました。

 

大分市森町 三好医院 三好 敦生

 

院長:  三好 敦生 (みよし あつお)

 

認定資格:医学博士、日本外科学会専門医、日本消化器学会専門医

     日本消化器外科学会専門医、日本東洋医学会(漢方)専門医

     認定産業医、日本糖尿病協会登録医、ケアマネージャー

 

他の所属団体:

     日本大腸肛門病学会、日本内痔核研究会、九州ジオン研究会

     大分県糖尿病臨床医会、大分県緩和ケア研究会

 

略歴:  昭和49年 久留米大学医学部卒業

      同年  久留米大学第二外科入局、消化器および心臓血管外科を専攻

     昭和56年 久留米大学病院附属救命救急センター外科 勤務

     昭和60年 日赤唐津病院 勤務

     昭和61年 久留米大学医学部第二外科退局

     昭和61年 三好医院 開業

 

 診療内容

  内科・消化器科・肛門科・循環器科・外科・リハビリテーション科

 介護保険適用付属施設

  • 老人ディケアセンターみよし
  • 介護保険サービスセンターみよし
  • グループホームみよし ファミリー園(2ユニット18名)

 

 スタッフ

スタッフ

 

 

医師 1名

非常勤医師 1名

看護師   10名

医療事務員 3名